WCAN 2013 Autumn 再演版 【脱・初心者!Googleアナリティクス活用法】 に参加しました

2013.11.6

WCAN 2013 Autumn 再演版 【脱・初心者!Googleアナリティクス活用法】

[有限会社 アップルップル] 日比野ななえさん

 

参加するにあたり、まずGoogleアナリティクスの基本について調べてみました。

日比野さんのブログ【ひびの備忘録】より、2013.06.06 「初心者向けのGoogleアナリティクス勉強会」の記事を読んでみました。

今回のセミナーの最初でも改めて説明がありました。

 

* Googleアナリティクスとは?

Googleが提供するアクセス解析サービス。

無料版と有料版があり、有料版は日本円で100万円程度/月

 

* レポートの見方

標準レポートの見方は上から順番に見ていきます。

【リアルタイム】       ユーザーの数、所在地

【ユーザー】       地域、どんなPCを使っているのか 初めての訪問かなど

【トラフィック】       訪問の経路、どんなキーワードを検索して訪問したか、ソーシャルネットワークの解析

[検索トラフィック]  検索エンジンからの訪問

[参照トラフィック]  上記以外のリンクからの訪問

[ノーリファラートラフィック]  直接入力、メルマガなど

【コンテンツ】          どんなページを見ているか

【コンバージョン】    目標の達成率

Googleアナリティクスを使って、Webサイトの目的を達成するには、“しっかりとした目標設定(コンバージョン)を捕捉して、改善する(アクション)こと”だとおっしゃていました。

 

今回のテーマ「ユーザーの行動を計測する方法」

* ユーザーの行動とは?

・PDFのダウンロード

・動画の再生

・外部リンクのクリック

・ページのスクロール量

通常はこれらのデータが取れないのですが、[イベントトラッキング] を貼ればデータが取れるようになるそうです!!

しかし動画の再生時間のデータを取るのは難しく、やり方は検索してみると見つかりますがFlashを使うやり方だそうです。

他のやり方としては、「You Tubeアナリティクス」というものがあります。

【GA Functions】というものを使えば “一括測定” が出来るそうです。

 

[バーチャルページビュー]

例えば、ページ遷移しない場合などのデータが取れない場合はバーチャルページビューを貼ります。

任意のURLを設定することでページとして計測できるようになります。

 

[特定の条件に絞り込む アドバンスセグメント]

・スマホだけの訪問

・(キーワードが)ブランド名、社名、店名を除いた訪問

・時間帯を絞った訪問

 

今回セミナーに参加してGoogleアナリティクスというものをまだ触ったことがなく、今の私にとっては少し難しい内容のお話でしたが、これから先きっと役に立っていくことは確かでした。

ブログも初めて少しずつでも実践していけるので、学んだことを活用していきたいと思います。